血糖値を下げる飲み物ランキング@糖尿病の予防に効果あるのは?

血糖値 飲み物

血糖値をもう少し下げたいと、食事内容や食事方法を工夫している方も多いのでは?肉類を避ける、腹8分目にする、野菜から食べる、よく噛むなど、よく言われていることはたくさんあります。毎日のこととなると、これが結構大変であったりするものです。たまには自由に食べたいな、わかっているけど面倒だと思うことも。

 

そんな方にオススメしたいのが、飲み続けることで血糖値を下げる効果のある飲み物です。毎日の生活に取り入れるだけで、比較的手軽に血糖値をコントロールできます。当サイトでは、始めやすい青汁・お茶・コーヒーの3タイプをご紹介。血糖値のコントロールは糖尿病の予防にも効果がありますので、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁の特徴

食後の血糖値が気になる方に、難消化性デキストリンが効きます。1袋を100mlの水に溶かして食事と一緒に飲むだけ。食物性繊維、難消化性デキストリンが腸内での糖の吸収をおだやかにするトクホの青汁です。食後の血糖値の上昇が抑えられます。大麦若葉には食物繊維、ビタミンやミネラルが豊富。血糖値を下げるだけでなく、不足しがちな栄養素も補うことができます。抹茶配合で飲みやすい青汁です!

価格 1,000円
評価 評価5
備考 大麦若葉・難消化性デキストリン

 

しあわせ減糖茶の特徴

漢方系茶葉が血糖値を下げてくれます。苦いイメージ漢方ですが、老舗製茶メーカーとの共同開発で配合バランスを追求。飲みやすい美味しいお茶になりました。血糖値を下げる効果のあるゴーヤ、桑の葉、バナバ、サラシア、アイスプラントなど複数の原料をブレンドしています。水1Lに1包を入れやかんで3分煮出すほか、急須やマグカップでお湯をそそぐだけでOK。いつものお茶代わりに飲むだけなので、お手軽です。

価格 1,780円
評価 評価4
備考 漢方系茶葉

 

フィットライフコーヒーの特徴

コーヒー派の方におすすめの血糖値対策です。難消化性デキストリンを配合することで、食事に含まれる糖の吸収をおだやかにしてくれます。1包を100mlのお湯に溶かして食事のときに飲むだけなので、手軽です。すごくおいしい・おいしい・ふつうと答えた人は愛用者の93%にも。砂糖は入っていません。いつものコーヒー代わりにどうぞ。

価格 540円
評価 評価3
備考 難消化性デキストリン配合コーヒー

 

血糖値を下げる飲み物の種類は?

 

血糖値を下げたい場合には食べ物を利用する方法もありますが、飲み物を利用してみるといいでしょう。血糖値を下げてくれる飲み物と言えばコーヒーやお茶、青汁などが挙げられます。

 

麦茶
麦茶にはミネラルや食物繊維が豊富です。食物繊維は体内に入ると腸内にとどまって糖質の吸収を抑えてくれます。そのため血糖値上昇も防いでくれると言われているのです。

 

ごぼう茶
最近お茶の中でもごぼう茶の人気が高まってきています。腎臓に良いと言われるお茶でもありますが、イヌリンと呼ばれる食物繊維が入っている事からも、血糖値上昇を防いでくれる効果があります。

 

そのためごぼう茶は、糖尿病に対して効果を発揮してくれると期待できるでしょう。ごぼう茶にはそれ以外にも、腸内環境を改善して便秘を解消してくれる効果も期待できます。

 

バナジウム水がいい?
本来、血糖値を下げるために水はあまり効果がないと言われてきましたが、水の種類によっては血糖値を下げる効果があるようです。例えば「バナジウム水」です。

 

バナジウムは人体から出るホルモンであるインスリンと似た働きをしていて、体内に取り込まれるとインスリンの代わりに筋肉や血糖、内臓に取り込む橋渡し的な役割を果たしてくれます。そのため血糖値低下に効果的だと言われているのです。

 

緑茶
緑茶にはカテキンやタンニンという成分が入っていて、唾液やすい臓に含まれる消化酵素の働きを抑えてくれます。この効果で食物の消化スピードも緩やかになるので、結果的に食後の血糖値上昇も防げるのです。

 

プーアル茶
プーアル茶にはミネラルやサポニンも含まれていて、血行促進作用、血糖値安定作用など、様々な効果を発揮してくれます。結果的に糖尿病予防に効果的になると言われています。

 

血糖値を下げるお茶

 

お茶の中でもゴーヤ茶やサラシア茶、緑茶は血糖値を下げてくれると言われています。それぞれの特徴についてご説明していきましょう。

 

ゴーヤ茶
ゴーヤと言えば、沖縄名物でもある苦い野菜だというイメージが強いでしょう。ゴーヤには「ポリペプタイドP」という成分が含まれていて、インスリンと似た効果を発揮してくれます。ゴーヤにはビタミンB1も多く含まれていて、糖代謝を高めてくれ、食物繊維が糖質の吸収を抑制してくれるでしょう。

 

ゴーヤの苦味が苦手でも、ゴーヤ茶を冷やして飲むとそこまで特有の苦みを感じません。暑い日に一度試してみるといいでしょう。

 

サラシア茶って?
サラシア茶はインドネシアやスリランカなどで広く栽培されている植物で、血糖値低下に役立つと言われているのはサラシノールやコタラノールです。糖質分解しようとする酵素の働きを抑制してくれるので、血糖値抑制の効果が期待できるでしょう。

 

もっとサラシア茶の効果を高めたいのであれば、バナバやシモン芋などとブレンドすると良いでしょう。サラシア茶には基本的に副作用はありませんが、一気に大量摂取してしまうと下痢や腹痛が発生する恐れもあるので気をつけましょう。

 

また、血糖値が下がり過ぎて低血糖になるリスクもあるので、いずれにしてもサラシア茶の過剰摂取はすすめられません。

 

緑茶
緑茶にはカテキンやポリフェノールが豊富に含まれていて、この成分を摂取していると血糖値が上がりにくいという事が動物実験でも実証されています。

 

あなたが飲んでみたいと思うお茶はありましたか?毎日楽しみながら飲めるのが一番です。あなたがおいしいと感じるお茶を選んで、血糖値上昇を防いでいきましょうね。

 

血糖値を下げる青汁

 

青汁を飲んでいると血糖値が下がると言われていますが、それはどうしてなのでしょうか?その秘密は青汁に含まれる材料にありました。

 

血糖値低下に効果のある成分
青汁には血糖値低下に役立つビタミンやアミノ酸、食物繊維がたっぷり使われています。だから血糖値低下に効果的だと言われているのです。例えば以下のような成分が血糖値低下に役立っています。

 

・桑の葉
・明日葉
・大麦若葉
・ケール

 

上記の素材は青汁の主原料として用いられる事が多いです。栄養価は高いのに血糖値は下げられるなんて、万能な成分ですよね。

 

亜鉛やナイアシン、ビタミンB6も効く
青汁には亜鉛やナイアシン、ビタミンB6が入っている事もありますが、これらはインスリンを合成してくれます。といっても、あくまですい臓がインスリンを作りやすいようにサポートしてくれるという意味です。現在すい臓がインスリンを作り出す働きが弱っている人には効果テキメンでしょう。

 

青汁の食物繊維の効果も大きい
青汁の中には食物繊維も豊富に含まれていますが、これも血糖値低下にかなり効果を発揮してくれます。食物繊維にも種類があるのですが、その中で血糖値を下げてくれる働きがあると言えば水溶性食物繊維です。いくら食物繊維をとっていても、不溶性の食物繊維では血糖値は下げられないので気をつけましょう。
青汁は毎日続けやすいしお手軽です。わざわざ食事制限して野菜中心の生活に切り替える必要はりませんし、激しく運動しようと必死になる事もないでしょう。たった一杯でも青汁を毎日飲み続けるだけで、十分血糖値低下が期待でき、急激な血糖値上昇を防げるでしょう。

 

血糖値を下げるコーヒー

 

コーヒーを飲むと血糖値が下がるという説もあれば上がるという噂もあります。どちらが本当なのか探っていきましょう。

 

コーヒーを飲んでいた方が血糖値は上がりにくい
毎日コーヒーを飲む人と飲まない人を比べてみたところ、糖尿病になる確率は、コーヒーを飲まない人の方だという結果がある実験でわかっています。コーヒーは糖尿病予防に良いと主張した医学論文もあります。それでは、具体的にコーヒーのどんな成分が血糖値低下に役立つのか学んでみましょう。

 

カフェイン
コーヒーと言えば「カフェイン」というイメージが強いでしょう。飲むと覚醒効果が高まり、眠気がなくなると言われているので、仕事中に利用する人もいますよね。カフェインもポリフェノールの一つなので、インスリン分泌を促進してくれ、インスリンの働きを良くしてくれます。

 

クロロゲン酸
コーヒーに入っている「クロロゲン酸」という成分も、糖尿病予防のために活躍してくれます。クロロゲン酸は糖代謝をアクティブにしてくれ、血糖値を安定させてくれます。動脈硬化を防いでくれる効果もあるので、生活習慣病予防全般にもぴったりでしょう。

 

コーヒーの摂り方次第では血糖値が上がる?
コーヒーを飲むと血糖値が上がるという説もありますが、これはコーヒーにたくさん砂糖やミルクを入れて毎日飲んでいた場合でしょう。

 

コーヒーを毎日飲むにしても、一日4杯まで、できればブラックで飲むようにしましょう。いくら血糖値を下げてくれるといっても、飲み過ぎはいけません。コーヒーを大量にとってしまうと、カフェインもそれだけ多く体に取り込まれるので、カフェイン中毒になるリスクがありますし、頭痛やイライラが促進される恐れがあるので気をつけましょう。

 

血糖値に効果のあるサプリ成分は?

 

血糖値を下げるために、サプリメントを活用するのもいいでしょう。その際は、サプリメントの成分の中に、サポニンやピニトール、イヌリンが含まれたものを選ぶといいでしょう。今回は、それぞれの働きについてご説明していきます。これからサプリメントを役立てようと考えている方は、ぜひご参考にしてみてください。

 

イヌリン
ごぼうにも含まれている成分です。イヌリンは食物繊維の中でも水溶性食物繊維にあたり、血糖値を正常な値にしてくれます。また、水を含むとジェル状になり、糖分や油分も吸着させて体外に出してくれるので、糖質がたまりません。だから血糖値上昇を食い止めてくれると考えられるのです。

 

糖の吸収を抑えてくれるので体内環境もちゃんと整うでしょう。腸内環境を良くしてくれるので、下痢や便秘になりやすい人も、お腹の調子が改善されると期待されます。

 

ピニトール
ピニトールはブドウ糖が体内を循環しやすくし、糖代謝を改善してくれます。そのため、血糖値低下にも効果があると言われているのです。今後も期待されている成分です。

 

サポニン
サポニンは、小腸に入ると、グルコースの吸収を抑えようとしてくれるため、血糖値上昇を抑制する働きがあると言われています。

 

糖尿病サプリメントを選ぶ時のポイント
サプリンメントを選ぶ時は、以下のポイントに従って選んでみましょう。

 

・血液サラサラにしてくれる
・体内環境を整えてくれる
・糖質の吸収を抑制してくれる
・糖を燃やしてくれる

 

糖質は分解されるとブドウ糖になります。そして体内に吸収される事によって血糖値は高くなりますが、そもそも吸収される事を抑制してくれるので、血糖値低下が期待できるのです。また、糖質がブドウ糖に分解されるのを防ぐ事によって、糖吸収を行えないようにできます。